A4サイズが入る紙袋の依頼の手順について

レディ

歴史を知る

ノベルティ

ノベルティのはじまりとは

ノベルティとは、自社の宣伝や商品の販売促進のために配る品物です。ノベルティの元祖は江戸時代の頃に開業時に販促目的で配っていた「引き札」だとされており、引き札とは今で言う広告チラシであると言われています。当時は印刷物というだけで珍しい物だったことから、欲しがる人は少なくありませんでした。また、縁起物などが描かれており、引き札欲しさに商品を購入する客も多く、販促効果は絶大だったとのことです。この引き札が時代の流れとともに変化し、印刷物では誰も喜ばなくなったことから、スタイルを変えて現在のようなノベルティになりました。非売品ですのでそこでしか手に入れることができず、またノベルティによってはオークションなどで高値で取り引きされることもあります。

これからの販売促進方法

これまで自社の宣伝等には印刷物が主流でした。もちろん今でもその傾向は変わりありませんが、広告だけでは十分な宣伝効果や販促効果は得られません。そこで消費者心理を利用して、「限定品」や「非売品」などと銘打ってノベルティを提供することが多くなっています。「今ここでしか手に入れることができない」と思わせることができれば、販促効果を高めることができます。そのためノベルティは重要なのです。分かりやすいところで言えば雑誌の付録でしょう。近年では雑誌の中身よりもノベルティ目当てで購入するケースも少なくはなく、実際に付録効果によって購入部数が増加しました。ただ、消費者が求めるものは何か、そこを理解できなくては意味がありません。